2010年11月18日

FXでのリスク管理

(=゚ω゚)ノこんちはー!

今日も元気にFXのお話をしましょう!!


FXは

少額の投資資金でスタート

レバレッジをきかせたら、大きな金額の取引ができる(こえーーっ!!(゚A゚;))


という仕組みがある。


んでも、

「仕組みがある」事と

「それを使わなければいけない」

という事は、必ずしも一致はしない。


だから、私のように?初心者さんのときは

「資金力がないから、損失への備えもできないんだよっ」という点に

気をつけないといけません。


レバレッジを高くしてしまうと、
損失を出したら、それを補填する力がなければ、FXを続けられなくなってしまうのです!
(無理っ!!!)


てなことで、
レバレッジは1 倍にする事が、1番リスクを抑えることができるというわけ。


んでも、そうなると、
FX取引の醍醐味(美味しさ?)を味わえない。


リスクに耐えられるようにする為には、
大体3 倍程度のレバレッジまでにしておくといっかなあ?て感じです。


証拠金が50 万円あれば、「ドル/円」「円/ドル」のペアで、
1 万通貨の取引が出来ます。(おおっ)


レバレッジを3倍にしておくと、
相場変動20%位までは耐え、※マージンコール、※ロスカットの心配がなくて、安心です。

(あら?またなんか新しい言葉が出てきたやね〜)


もちっと為替の変動が激しい通貨のときは、
20%以上になる場合には、レバレッジを2 倍にする位が、
ちょうどいいかなあと思いますです。

レバレッジ規制が行われるようになり、
400倍等のレバレッジを使える業者はなくなっていくだろうけども、

初心者の間は(私っ!!σ(・ワ・*;) )
5倍を超えるレバレッジには、手を出しちゃあいけませんぜ。


ぴんぽんぱんぽーん!

※マージンコールとは
お客の損失が大きくなってる事を
メールで通知する機能。(あら、便利〜♪)
制度自体に拘束力はないけども、マージンコールが発生するという事は
ロスカットの執行がもうすぐだよっ!!という事ですがな。

※ロスカットとは
損切りっすね。はい。
値下がりした状態で損を出してでも売る等、
損失を確定させてポジションを手仕舞い
(信用取引や先物取引で、未決済の売買約定を転売または買い戻しに
よって取引関係を解消すること )するのです。


損するような事態になっても、
出来るだけ、損を大きくしないようにって事で。


リスク管理はお大事に〜。

じゃっ(`・ω・´)ゞビシッ!!
posted by ゆまあ at 15:58| Comment(0) | FX基本の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。